Pocket

creditscoreup128_128転職エージェントに関してですが、慈善活動で行っているわけではありませんので、少しでもこちらに不利益が出てきそうな場合、担当のキャリアコンサルタントを変更してもらうことをおすすめします。転職エージェントを利用する上では、自分の利益を第一に追求することが何よりも求められますので、少しでも相性が良くない担当者と仲良くする必要というのはあまりありません。今回は、キャリアコンサルタントの変更について紹介をします。

転職エージェントは相性が大切

転職エージェントを利用する上で何が一番大切かと言われれば、担当のキャリアコンサルタントとの相性が何よりも大切です。転職の成功の要といっても過言ではありません。キャリアコンサルタントとの相性により、転職成功が左右される可能性があるので、自分と相性が悪い担当のキャリアコンサルタントは早々に見切りをつけないと、転職活動の足を引っ張ってくることも十分に考えられます。

例えば、転職エージェントとの相性があまりよくなければ、自分の希望していない案件ばかりを勧めてくることもあります。これはコミュニケーションがうまくはかられていない、もしくはコミュニケーションを担当者が初めから重視していない可能性が考えられます。また、例えばIT・Web関係であれば、ある程度、その業界に精通した知識というものが必要となりますが、転職エージェントのキャリアコンサルタントの中には、扱う案件が膨大なので、広く浅い知識しか持ち合わせておらず、満足するアピールをしてくれるのか疑問に思うこと、さらには話自体を理解しているのか怪しい場合もあります。

そのため、これらの相性が合わない転職エージェントの担当者は、早々に見切りをつける必要があります。

複数の転職エージェントを利用して絞っていく

変な担当者に合わないようにするための手段として、初めから少数の転職エージェントを利用するのではなく、初めから複数の転職エージェントを幅広く利用することが重要です。

初めから1社の転職エージェントしか利用していませんと、優秀な転職エージェントを見つけることが難しくなります。複数の転職エージェントに登録して、徐々にふるいにかけていき、残った転職エージェントだけとやり取りをしていけば、優秀な転職エージェントと合える可能性があります。

しかし、ふるいに落ちた転職エージェントとのパイプに関しては維持しておいた方が、いざというときには役に立つ可能性があります。転職に関して言えば、選択肢は多いに越したことはありません。

転職エージェントの担当者の変更は可能

転職エージェントの紹介する案件自体には満足しているのだけれど、担当者との相性がとても悪い場合もあります。例えば大手転職エージェントなどは中小の転職エージェントとは比べ物にならないほどの案件数を誇っていますので安易に切ることは難しくなります。

その場合、担当者とのメールのやり取りではっきりと担当者を変更して欲しい旨を伝えましょう。

そんなこと、担当者に失礼では、と心配になるかもしれませんが、転職エージェントは転職希望者が転職成功したら報酬が入ってきます。事前活動としてやっているわけではなく、ビジネスとして行っているので安易に妥協をしてしまえば、向こうも不満がないとして適当な企業ばかりを紹介して、さっさと転職を成功させようとします。

その結果として、口コミで不満が出たら転職エージェントとしてもマイナスですし、紹介された企業もすぐに辞められてしまっても困ります。さらには、希望していない企業に転職をしてしまえば、不満しかでませんので、転職希望者にとってもマイナスです。つまり、誰も得をしないわけです。

まとめ

転職エージェントの担当者が、転職成功の成否に非常に関わりがあります。そのため、数多くの転職エージェントに登録をして、その中から優秀で自身と相性のいい転職エージェントを見つけることが重要です。

また、転職エージェント自体は気に入っているけれど、担当者が気に入らないという場合、我慢するのではなく、メールでいいので、担当者の変更を申し出ましょう。転職に成功しなければ、転職エージェントには報酬が発生しないので、気にする必要はありません。

Pocket