Pocket

tenbin128_128転職エージェントを利用すれば転職時に行う数々の手続きなどを代行してくれるので、転職活動を有利にそして楽に進めることができます。しかし、よくよく転職エージェントを選ばなければ足を引っ張る存在になってしまいます。今回は転職エージェントを利用するメリットとデメリットを紹介していきます。

転職エージェントの仕事

転職エージェントの仕事に関しては下記のようなものがあります。

  • キャリアプランの相談
  • 求人の紹介や提案
  • 履歴書や職務経歴書の添削指導
  • 面接対策
  • 面接の調整やセッティング
  • 条件(給与面)などの交渉

このようなことを転職エージェントがすべて代理で行ってくれます。個人で転職活動をする場合はすべて自分で行う手続きなどを、すべて転職エージェントが代理で行ってくれます。

特に、初めて転職をする方にとっては、自身の履歴書や職務経歴書の添削指導、また面接対策に関しては初めて転職をする方にとっては利用して損はないでしょう。また、外資系企業のように面接方法が少し異なっているものへ転職をする場合にも、転職エージェントは役に立つでしょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットに関しては、下記のようなものがあります。

  • 転職活動のサポートすべてが無料
  • キャリアプランを客観的に判断してくれる
  • 非公開求人を見つけてきてくれる
  • 面接とは別に企業の人事に魅力を紹介してくれる

このようなものがあります。

転職エージェントに関しては、基本無料ですからある程度、使い倒してしまったほうが費用対効果的に考えてお得です。また、転職エージェントとの面談がありますので、その際にキャリアプランなどを話しておけば、客観的なアドバイスを受けることが可能ですし、相談をすることもできます。

なにより、転職エージェントのみが持っている独占の求人などもありますので、転職エージェントの能力次第で、紹介される企業の量も異なってくるといえます。

そして、面接とは別に転職エージェントが企業の人事に魅力を猛プッシュしてくれるのはありがたいと思われます。面接だけですべてを伝えることができるのが一番望ましいのですが、それもなかなか難しいので、転職エージェントの存在というのは強みといえます。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用する上でのデメリットは下記のようなものがあります。

  • 転職先を勝手に決められてしまう可能性がある
  • 転職市場の中で価値が低い場合、サービスが受けられない
  • 転職までに時間がかかる

転職エージェントに関しても、ピンからきりまでありますので、口だけがうまい転職エージェントにあたってしまいますと、営業トークに乗せられて、転職先を誤ってしまう可能性もあります。中には平気でブラック企業を紹介する転職エージェントも存在しますので、その辺は注意をしなければなりません。

また、転職市場においてあなたの自分の価値がそこまで高くない場合、転職エージェントが積極的に行動してくれず、めったに連絡をしてこないこともあります。

そしてなにより、電話での面談や面接をしながら少しずつイメージのすりあわせをしていく関係上、転職が完了するまでに時間がかかってしまうデメリットがあります。すぐに転職をしなければならない方にとっては少し利用しづらいものがあります。

そのため、在職中に転職活動をするというのであれば、転職エージェントの口車などに乗らずに正しい転職先を見つけることができるようになります。

まとめ

転職エージェントのメリットデメリットを見てきましたが、基本的にメリットの方が大きいのが転職エージェントです。

しかし、余裕がなくて転職をしなければと焦っている場合、転職エージェントのゆっくりした流れにイライラしたり、口車にのってブラック企業へ転職してしまう可能性も否定できませんので、注意が必要になります。

Pocket