Pocket

転職エージェントの面談というのは、転職に慣れた人にとっては面倒くさいものですが、初めて転職をするという人にとっては、受けておいて損はないと思われます。面談に関しては、どのようなものを当日持って行った方がいいのか、また、キャンセルに関してはいつまでにするべきなのかを紹介します。しっかりと自分の意見を転職エージェントの担当者に伝えるには、事前の準備が必要です。

面談について

転職エージェントに関しては、必ず面談があります。面談の場所に関してですが、基本的には転職エージェントのオフィスです。このオフィスではプライベートに注意が払われた空間になっていますので、安心して面談を受けることができるでしょう。

中には、あまりプライベートに配慮されていない転職エージェントもありますが、その転職エージェントに関してはあまりいい転職エージェントとは言えないので、なるべく話をうのみにしないようにしておくのが重要です。

また、転職エージェントのオフィスが遠い、もしくは時間が合わない場合は、電話やスカイプなどで面談をするケースもありますが、大手の転職エージェントに関しては日本中にオフィスがありますので、遠方でオフィスまで行くことができないというケースは少ないといえます。

服装に関しては、常識の範囲内の私服で問題はないでしょう。ジーンズや部屋着などはあまり好印象を持たれないので、注意をした方がいいと思われます。女性に関しては、過度な化粧じゃなければ、わざわざ薄化粧にする必要もないといえます。

転職に慣れている方にとっては、この転職エージェントとの面談に関しては面倒くさいものになりますが、初めて転職をする場合、どのようなアピールポイントがあるのか、企業との面接での注意点などを知ることができるほか、転職市場での自分の価値を知ることができるなどメリットはあります。

面談の際の持ち物は?

面談のさいにはどのようなものを持って行けばいいのでしょうか。自宅でスカイプや電話をする際にも下記のものはあった方がいいでしょう。

  • 転職希望条件に関してまとめたメモ
  • アピールポイントをまとめたメモ

この2つがあれば、問題はないと思われます。また、メモをとるために筆記用具やメモ帳などがあればいいでしょう。

基本的に、1時間程度の面談時にスムーズに自分の希望を伝えるために、メモなどが必要になります。そこまできっちりと書く必要はなく、これだけは伝えておきたいということだけをメモにしておけばいいでしょう。

また、履歴書や職務経歴書をすでに作成しているのであれば、面談の際に提出するといいでしょう。そうすれば、面談やキャリアプランなどの話がスムーズに進む可能性が高くなります。

キャンセルは何日前までがベスト?

キャンセルに関してですが、当日の直前でもキャンセルすることが可能です。キャンセルに関しては、事前にしておいた方がいいでしょう。面倒臭くなったとしても、それっぽい言い訳をしておけば問題はありません。

ただ、時間が過ぎた後にメールなどをしてしまうのは、あまりよろしくはないでしょう。事前に連絡をしておけば、ややこしくなることはないでしょう。

また、遅刻してしまいそうな場合は、きちんと一報をいれておくのがマナーです。遅刻の理由などもいれておけば、転職エージェントの担当者にはマイナスの印象を与える心配はありません。

まとめ

転職エージェントの面談での持ちものに関しては、下記のものがあります。

  • 転職希望条件に関してまとめたメモ
  • アピールポイントをまとめたメモ

これらは、転職エージェントの担当者に自分のキャリアプランなどをスムーズに伝えるためには必要なものであるといえます。面談の時間は決まっていますので、なるべく横道に逸れることなく伝えるように、これらの物を事前に用意しておくといいでしょう。

また、キャンセルに関しては、直前にメールをするだけでいいでしょう。面談の時間が過ぎてからのメールなどではあまり良い印象を持ってもらえない可能性があります。

Pocket