Pocket

guard128_128転職エージェントというのをご存じでしょうか。最近、出てきた転職エージェントですがどのような仕事をしてくれるのでしょうか。転職エージェントを利用した方がいいのか、そしてどのような仕事をしてくれるのか、どのようなタイプがあるのかを今回紹介していきます。

転職エージェントとは?

転職エージェントは、転職に必要な面倒な手続きをすべて代行してくれる上、転職支援のプロフェッショナルなので、マンツーマンでキャリアカウンセリングなども行ってくれます。

このキャリアカウンセリングですが、転職希望者の強みや特性、スキル、能力などを分析して引き出してくれた上で、最適な求人企業を無料で紹介するサービスになります。転職成功のために様々なサービスをも行います。

転職に関して考えるのであれば転職エージェントの存在は非常にメリットのあるもので、使い方や選び方さえ間違わなければ転職支援のおいて非常に役立つ存在になりますが、選び方や利用方法を間違ってしまいますと邪魔な上に足かせのような存在になります。

転職エージェントの仕事は?

転職エージェントの仕事内容ですが、下記のようなものがあります。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の対策・指導
  • 面接の調整やセッティング
  • 条件(給与)などの交渉

これらを転職希望者の代わりに行ってくれます。そのため、転職エージェントを利用した場合、上記の煩わしい作業をすることなく、面接だけで転職活動が終わるというケースもあります。また、給与などの条件交渉に関しては、なかなか自分からは切り出しにくいものなので、この代行をしてくれるという点において転職エージェントは優れた存在であるといえます。

自分ひとりで転職活動をする場合、転職サイトを見て応募先を探すのから始まり、上記のことを自分ひとりでこなしていく必要がありますので、例えば企業に勤めながらの転職活動の場合は、非常に心労になると思われます。

このような場合は、転職エージェントを利用していくことで、自分は別のことをすることができるようになりますので、転職活動の簡略化には、転職エージェントの存在は欠かすことができません。

2種類の転職エージェント

転職エージェントに関しては、2酒類に大別することができます。

つまり、総合型転職エージェントと特化型転職エージェントです。

この2の利用方法を間違ってしまいますと、転職エージェントが邪魔で足かせのような存在になってしまいます。

総合転職エージェント

これは、業界などに関係なく多くの求人情報を持っている転職エージェントです。大量の案件を持っているので、現在、自分が勤めている業界以外の仕事も提案してきたくれます。

しかし、多くの業界の何件を持っているからといって、すべての業界に深い知識を持っているというわけではありませんので、業界用語や専門的な話をしても、担当者によっては話についてきてくれないことがあります。

そのため、専門分野のみでの転職を検討する場合は、あまりメリットにはならないかもしれません。

特化型転職エージェント

特化型転職エージェントは、業界やターゲットとする層を絞って専門的な案件を所有しているエージェントです。

特化型転職エージェントに関しては下記の転職を考える場合は使用した方がいいでしょう。

  • 外資系企業
  • アパレル系
  • エグゼクティブ

これらの転職をする際には特化型転職エージェントを使うといいでしょう。

特に外資系企業に関しては、面接などが特殊なことがありますので、特化型転職エージェントのほうが知識を持っていますので、利用する価値があります。

また、アパレル関係に関しては、店舗見学などの対応や調整をしてくれますので、利用して損はないでしょう。

まとめ

転職エージェントに関してですが、利用すると転職活動にかける自身の労力を削減することができますので、利用できるのであれば利用をしたほうがいいでしょう。

しかし、転職エージェントには総合転職エージェントと特化型転職エージェントの2種類があり、これの利用方法によっては、転職エージェントは邪魔な存在になる可能性があります。

Pocket