Pocket

転職エージェントの履歴書や職務経歴書の添削サービスに関しては、はっきり言って無駄という声もあります。転職エージェントはエージェントのプロであり、実際に転職をしたことが無いエージェントの担当者もいます。そのような担当者にあたったときは、別の担当者にしてもらうか、別の転職エージェントにすると無難でしょう。

転職エージェントの添削は使えないのか?

転職エージェントについて、転職エージェントの添削サービスというのは、あまり高い精度ではないという口コミも実際問題あります。そのような人に関しては、転職エージェントは転職をしたことがないので、エージェントとしてはプロかもしれないが、転職希望者としては微妙というものです。

ただ、すべての転職エージェントの担当者に100点満点を求めるのは間違いです。ましてや1社だけの転職エージェントを利用して不満足であるから、転職エージェントの添削サービスそれ自体が意味のないものであると断言するのは間違いなのです。

転職エージェント内のレベル差

転職エージェントの中にもやはりレベルの差があります。そのため、複数の転職エージェントを同時に利用していき、その中で、及第点の転職エージェントを探すのがベターな方法です。

特化型、総合型の見極め

また、業界用語がわからないので、その転職エージェントは使えないと考えるのも早合点といえます。専門用語を必要とする業界の場合、その業界を得意とする転職エージェントに添削を依頼するのがベストです。たとえば、リクナビエージェントのように総合型の転職エージェントでは、担当者は広く浅くの知識しかありませんので、深い内容の添削指導には不向きです。

一方、中小規模のある分野に特化した転職エージェントであれば、専門用語がわからないうデメリットはありません。複数の転職エージェントなどを実験的に利用してみて、それで判断するというのは合理的ではありますが、転職エージェントが転職したことがないという理由だけで、転職エージェントそれ自体の履歴書や職務経歴書の添削能力が無いと断言するのは間違いであるといます。

転職エージェントの限界

もちろん、転職エージェントを無限に信頼しておけば安心であるとはいません。

しかし、特に、フォーマットとなど初めて転職をする人は、正直よくわからいと思いますが、このフォーマットは意外と大切であり、フォーマットのなどを自分で創意工夫しても少し検討違いの方に行ってしまう可能性があります。そのあたりはしっかりと転職エージェントを利用するといいでしょう。

客観性を得るためには重要

全く転職エージェントが使えないと考え、内容などを友人知人に尋ねて、フォーマットをネットで調べて書いたものであっても問題はないでしょう。

しかし、友人や知人から客観性があり、有用な感想を聞くことができるのかというのは疑問です。専門性や知識に関しては、転職の経験の有無よりも単純に担当者の技量や知識量によるところが多くなります。

自分の努力では不十分かも

転職エージェントは転職したことがないにしろ、多くの転職希望者の履歴書や職務経歴書に目を通し、その結果、企業に採用不採用になるのかも知っています。

ライバルに差をつけるには自分での努力は必要不可欠ですが、その努力が見当違いな方に行かないように、転職エージェントを上手に活用するのも、また、自分の努力の範囲内であり、転職エージェントを一切使わないというのは、努力の放棄、それ以外の何物でもありません。

まとめ

転職エージェントの添削指導に関して、盲目的にすべてを信じたり、全く信じなかったり両極端な対応をするというのが一番の失策です。

もちろん、転職エージェントはエージェントのプロですが、一般論しか言えない技量から高い技量と深い知識を持った人まで幅広くいます。そのため、1つの転職エージェントが使えないからといって、すべて自分の力のみで行うと、無駄な努力をすることにも他なりません。

また、転職エージェントの得意分野、不得意分を知り、上手に使い倒すことが、転職成功の一歩です。

Pocket