Pocket

iphone128_128転職エージェントを利用する際に、メリットであり、デメリットでもあるのが、面談です。面接ではないのでそこまで気張る必要はないのですが、なんとなく転職を考えている方に関しては客観的な判断を得ることができますので、転職に関してまだ迷っている場合は、この面談を利用してみるのもいいかもしれません。

転職エージェントの面談とは?

転職エージェントに関しては、転職サイトを見て自分で転職先を探すよりも、転職エージェントの担当するキャリアコンサルタントとの面談などをする必要があります。スピーディーに転職したいという方には、この担当のキャリアコンサルタントとの面談が非常に面倒なので、転職エージェントを敬遠する傾向もあります。

ただ、初めて転職を考えるのであれば、ぼんやりとした転職イメージしか浮かばないので、この担当のキャリアコンサルタントとの面談に関してはわりと有意義なものになるといえます。

面談の時間は?

面談の時間に関してですが、基本的には30分~1時間半程度の時間がかかります。しかし、その転職希望者の転職市場での価値が高い場合は、もう少し長くなります。

例えば、求人が多ければ、面談の席でいくつかの求人情報について紹介をしてくれます。また、転職に関するイメージがぼんやりとしたものであっても、面談にかかる時間は長くなる傾向があります。しかし、そこまで求人数が多くない職種や業種を希望した場合、そこまで長々と面談をすることはないでしょう。

面談に関しては、30分~1時間程度が目安としてかかりますが、時間に関しては読めませんので、当日の時間には余裕を持っていた方がいいでしょう。

面談をする場所

面談をする場所に関してですが、多いのが転職エージェントのオフィスを面談に利用します。面談室のように個室になっていますので、周囲の視線というのは気にならないでしょう。

中小、もしくはそこまで気の利かない転職エージェントの場合は個室にするような配慮はありません。申し訳程度のテーブルとイスがあり、頻繁に社員がいったり来たりします。このような場所に関してですが、正直あまり、いいサービスというのはなく、時間の無駄になりますので、早々にふるいにかけて利用する転職エージェントからは除外していきましょう。

基本的にはプライバシーなどに配慮され、安心して話せるスペースを用意している転職エージェントを選ぶようにしましょう。

遠方でオフィスへ行けない場合

地方在住で、転職エージェントのオフィスや面談に指定された方に関して、また現在在職中で時間が全く取れない場合は電話やスカイプによって面談となります。

大手の転職エージェントに関してですが、事務所は日本中にありますので、地方だから少し厳しいというケースはあまりありません。中小の転職エージェントに関しては、都心など都市部に集中している傾向がありますが、わざわざ出向く必要性というのは近年では、そこまでありません。

中には、絶対に事務所へ来てくださいという転職エージェントもありますが、わざわざ相手にあわせる必要性はないでしょう。

出張面談というケースもある

フットワークの軽い転職エージェントの場合、近所のカフェなどまで出張面談をしに来てくれるケースもあります。基本的には落ち着いて、自宅から近い、喫茶店、もしくはカフェなどでの面談が多くなります。中にはファミレスというケースもあります。

面談の対応時間に関して

転職エージェントのほとんどの場所が、在職中の方でも面談ができるように夜間まで面談をしてくれるところもあります。また、土日休みの場合、土日に面談をお願いしても大丈夫です。

ただ、面談の対応時間に関しては、転職エージェントごとに異なりますので、気になる転職エージェントに聞くのが早いといえます。基本的にあわせてくれるはずです。

まとめ

転職エージェントの面談に関してですが、その転職エージェントの良し悪しを判断するためには重要なものです。大手の転職エージェントになれば面談をする場所でもプライバシーに配慮した作りになっていますので、落ち着いて話し合いをすることが出来ます。

これが、全くプライバシーに配慮されていないような場所は、平気でブラック企業を紹介してくれる可能性がありますので、注意をしましょう。

面接する場所が遠い場合、電話やスカイプでの面談となります。出張面談をしてくれるところもありますが、そこまで多くはないでしょう。

面談対応の時間に関しては夜遅くまで受け付けている場所もあります。

Pocket