Pocket

転職エージェントとの面談のときに、やった方がいいこととはどのようなことでしょうか。これから紹介するようなことを転職エージェントとの面談の際におこなうことで、高評価をもらえ、いい転職先を紹介してくれる可能性が高まります。

練習用の転職エージェントを作る

転職エージェントですが、時間に余裕がある限りにおいて、本命以外の練習用の転職エージェントを1つ持っておくといいでしょう。

転職エージェントに関してですが、大小あわせて100社以上もありますので、初めからレベルの高い本命と言える転職エージェントを受けると、やはりどうしてもミスをしてしまう可能性があります。

では、どうするかといえば、踏み台にする転職エージェントを作り、その転職エージェントで履歴書の書き方から面接の練習、そして自分の向いている業界や業種、職種などのアドバイスを受けるといいでしょう。

そして、利用をして自信がついたところで本命の転職エージェントの面談にのぞむというのが練習用の転職エージェントの利用方法になります。練習をしないで面談を受けるというのは、特に転職活動が初めてであるという人に関しては、あまり勧められた方法ではないので、練習用の転職エージェントには申し訳ないのですが、しっかりと利用して、ワンランク上の転職成功に持っていくのが合理的であるといえます。

本命の転職エージェントの前では短期戦をアピール

転職エージェントというのは、初回登録日、つまり転職エージェントに登録をした日から時間が経つにつれて、案件紹介の優先順位というのが下がっていき、いい転職案件を最終的には紹介してもらえない可能性があります。

つまり、本命の転職エージェントの前では、短期決戦であることをアピールするのが重要です。そのために重要になってくるのが、踏み台の転職エージェントの存在です。踏み台となる転職エージェントで履歴書の作成、そして面接の練習を十分にしておけば、転職市場での価値が高まりますので、非常に有用な手段です。

本命の転職エージェントに登録をしたら、なるべく迅速に転職活動を進めていくことを心がけていきましょう。

他の転職エージェントの存在を面談時にちらつかせる

転職エージェントは、求人希望者が転職に成功をすることで成功報酬として報酬をもらいます。

そのため、面談の際には他の転職エージェントの存在をちらつかせておき、さらに転職に対して積極的な姿勢を見せておくことで、転職エージェントの担当者としては、他の転職エージェントにとられてしまわないように積極的に求人を紹介する傾向があります。

まとめ

転職エージェンの面談を上手に進めるためには下記の3つが重要になってきます。

  • 練習用の転職エージェントで事前の準備
  • 短期決戦をアピール
  • 他の転職エージェントの存在をちらつかせる

この3点が重要になってきます。特に、はじめて転職活動をする人の場合、本命の転職エージェントに真っ先に面談に行ってしまう傾向がありますが、まずはそこまで重要視してない転職エージェントを利用して履歴書のブラッシュアップ、面接の練習、そして、自分がどのような分野に適性があるのかを、そこまで重要視していない転職エージェントを使い倒して、地盤固めをしていきましょう。

そして、本命の転職エージェントに関しては、踏み台にとした転職エージェントで手に入れた知識やスキルなどをいかんなく発揮して、短期間のうちに転職を成功させたいとアピールするのが有用であるといえます。

Pocket