Pocket

転職エージェントとの面談に関しては、だいたい1回だけしかおこなわれません。ここで、短期間のうちに転職を成功させるということなどをアピールすることで、いい案件を紹介してくれる可能性があります。今回は、転職エージェントとの面談の流れについて紹介をしていきます。ある程度、段取りがわかっていればシミュレーションを立てるのも容易になるので、今回は面談の流れりについて紹介をしていきます。

面談について

転職エージェントとの面談についてですが、転職エージェントの社内である程度はマニュアル化されています。面談に関する時間というのは60分~90分程度です。この面談が1回だけ行われます。

専門の職業、例えば看護師などの転職エージェントの場合は2回とか3回とか行われますが、一般の職種は1回だけです。

面談では、基本的に自分の能力以上のことをできるように誇張して説明しないことが重要です。また、ウソをつくこともよくありません。ウソをつく必要はないのですが、わざわざネガティブな内容まで正直に話す必要というのもありません。

ネガティブンな内容に関しては、話している方としてはわりと面白いのですが、それは転職にはあまりポジティブには働きません。特に転職を決心する内容がネガティブではよくありません。社内の人間関係にうんざりして転職を考えた場合、わざわざバカ正直に話す必要はなく、聞かれない限りは答える必要はないのです。この点に関しては、なるべくポジティブな転職動機になるように答える工夫が必要になります。

また、時間に余裕があるのであれば、本命の転職エージェントの前に練習用の転職エージェントで面談の練習をすることをおすすめします。

面談の流れ

挨拶・自己紹介

転職エージェントとの担当者、もしくは転職希望者の自己紹介から始まります。転職エージェントに登録をした内容をもとに挨拶や自己紹介をします。

この自己紹介に関しては、履歴書などを持参してスムーズに、そして簡単にするのがいいでしょう。

転職状況のヒアリング

転職状況のヒアリングをします。これは現在の選考状況や他社の転職エージェントの利用状況などを尋ねます。

転職理由などのヒアリング

どのような動機で、転職を希望しているのか、また本当に転職する気があるのかを判断するために、質問をします。

前項の転職状況のヒアリングと共に転職理由のヒアリングを通して、どのようなサポートを提供するべきなのか、また転職する意志が本当にあり、転職が短期間で決まるのかを見極めます。

また、他社の転職エージェントを利用している場合、他社にとられてしまわないかなども、判断をします。このとき、他の転職エージェントを利用しているものの、現在面談に来ている転職エージェントを一番に利用していることをアピールするといいでしょう。

転職エージェントとしては、成功報酬により給与を得ている以上、確実にそして短期間のうちに転職する意志のある転職希望者というのに注力する傾向があります。

職務経歴・スキル・プロフィールなどのヒアリング

職務経歴書と履歴書を利用して話していきます。

職務経歴書と履歴書に関しては、事前に用意をしていなくても、メモ程度のものがあれば、効率的に転職エージェントの担当者にスキルなどを伝えることができますし、言い忘れたということも避けられるでしょう。虚偽の情報はマイナスになりますので注意が必要です。

希望職種・企業・年収などの条件のヒアリング

求人情報を絞り込むためのヒアリングです。ピンポイントで○○社がいい、この職種しかやりたくないと言ってしまうと、条件が絞られてしまい求人案内があまり来なくなります。

自分のタイプにある求人ならどのようなものでもご紹介ください、程度の遊びが必要になります。

提示可能な求人の提案

10~50社程度の求人情報を提示してくれます。あまりにも絞りすぎると、ここでは全く提示されないこともあります。

また、無理に即決する必要はありませんし、基本的に初回で提示される案件に関しては、人気がなく離職率の高い案件である可能性が高いので避けて損はありません。

今後の展望について

これで、面談は終了です。今後、良い案件があればお願いします、程度での社交辞令を述べおきましょう。また、態度に関しては横柄な態度ではなく、誠実そうな態度をとっておくと、転職エージェントの担当者の覚えが良くなります。

この辺は、相手も人間ですから、良い印象を与えておいた方が得なのは間違いありません。

まとめ

転職の面談に関しては、7つの段階で進行します。

面談で重要になるのが、下準備です。特に4つ目の、『職務経歴・スキルなどのプロフィール』に関しては、事前にメモをとり準備をしておくことで、スムーズに話すことができますし、話し忘れたということも少なくなります。

また、相手も人間なので礼儀に気を使っておけば、それなりに好印象となり、良い案件を紹介してくれます。ただ、面談の際に紹介される案件に関しては良い案件ではない可能性が高いので、即決しなようにしましょう。

Pocket