Pocket

guard128_128転職エージェントは、転職活動を優位に進める上では非常にメリットのある存在ですが、自身の市場価値が低いとぞんざいに扱われる可能性があり、場合によってはブラック企業などを紹介されることもあり、転職の足かせや邪魔になる可能性があります。今回は、転職エージェントの利用方法を見ていきましょう。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントですが、転職に必要なサービスを無料で受けることができ、転職エージェントだけが持っている非公開求人情報などを手に入れることができるなど利用方法によっては、このようなメリットがあります。また、キャリア相談にも乗ってくれる点も、利用すると役に立つといえます。

ただ、転職エージェントはメリットだけではなく、デメリットも存在します。

例えば、転職市場での価値が低いとサービスを受けることができない、適当な企業、場合によってはブラック企業を平気で紹介してくる転職エージェントも存在するのです。

このデメリットを知ったうえで、転職エージェントを利用していきませんと、転職成功後にミスマッチによって悩む可能性があります。転職に関わる業務を代行してくれますので、すべて任せて自分でよくよく調べないで言われるがままになっていると、最終的に転職後、早い段階で再転職を検討することになるでしょう。

複数の転職エージェントを利用する

賢い転職エージェントの利用法ですが、初めから1つの転職エージェントに絞らないという点が第一にあります。

自身で転職をするにしても、複数の転職サイトに登録をすると思いますが、転職エージェントも複数の転職エージェントに登録をして次第に自分にあった転職エージェントに絞っていくのが重要です。

自分1人で転職をするのではなく、転職エージェントのキャリアコンサルタントと二人三脚で転職を成功させるわけですから、このキャリアコンサルタントとの相性というのが非常に重要になります。

相性が悪いキャリアコンサルタントからの連絡が来るだけでうんざりしてしまう可能性があり、転職活動それ自体よりも、キャリアコンサルタントとの対応を考えることで頭を悩ませることになるかもしれません。また、中には口のうまいキャリアコンサルタントがおり、セールストークに乗せられて、転職先を勝手に決めてしまい、気が付いたら転職成功とされていることもあります。

その上、転職エージェントごとにノウハウや会社ごとの特性がありますので、複数の転職エージェントを経験している方が、転職エージェントを見極めることが出来ます。さらに、複数の転職エージェントを持っていることで、いざ情報が欲しいと思ったときに複数の転職エージェントとのコネクションを持っていると役に立つ可能性がありますので、転職エージェントは複数の利用が理想的です。

決定を急かされても焦らない

内定獲得後に関しては、転職希望者と転職エージェントの利害というのは実は一致していません。転職希望者に関しては、在職中の場合は円満退職できるようにしたいのですが、転職エージェントとしては一刻も早く入社してもらいたいのです。

そのため、入社決定を急かしてくるのですが、転職をするのは転職希望者であり、人生のキャリアプランなどにおいて極めて重要なことなのですから、転職エージェントに急かされてよくよく考えずに焦って入社する必要というのもありません。

転職したのち、ミスマッチで悩む可能性がある限りしっかりと考えてから、転職をする必要があります。転職は大切なことなので後悔をしないようにするのがベストであり、転職エージェントに急かされて決めるものではありません。

まとめ

転職エージェントの利用方法として重要なのが、複数の転職エージェントと契約を結ぶ点にあります。

転職エージェントのキャリアコンサルタントとの相性が悪ければ満足いくような転職活動をすることができませんし、1つの転職エージェントとしか契約を結んでいなければ、転職エージェントのキャリアコンサルタントの優劣を見比べることができません。また転職エージェントによって、ノウハウなども異なってきますので、どれが自身と一番マッチをしているのか知ることが出来ます。

また、転職エージェントから内定後の入社を急かされても、自分の将来に大きく関係のあることですから、しっかりと自身で考えて判断するようにしましょう。

Pocket