Pocket

転職活動の際には、履歴書や職務経歴書を作成する必要があります。そのような場合、転職エージェントを利用して履歴書や職務経歴書を添削してもらった方が、転職エージェントを最終的に利用しなかったとしても、転職活動に有利になるケースがあります。特に特定の専門分野への転職を考えている方は、その分野に強い傾向のある転職エージェントを利用するといいでしょう。

総合型と特化型の転職エージェント

転職エージェントを大きく分けると、総合型と特化型の2種類に分けることができます。

総合型に関しては、例えばパソナキャリアやリクルートエージェントのような大手転職エージェントが多いです。これらの大手転職エージェントに関しては、大量の案件を特定の分野だけに偏ることなく提供していますので、メインの転職エージェントとして利用することができます。

特に、パソナキャリアは大手の転職エージェントの中でも手厚いサポート体制がありますので、初めて転職活動をする方が利用するのであれば、情報量とサポート体制の2つの側面から安心できるでしょう。

そして、特化型ですが、これは中小規模の転職エージェントが持つ傾向です。総合型とは異なり、特定の分野にのみ偏り情報を収集していますので、特定の分野での転職を考えるのであれば、総合型よりも利用することができます。

特定の分野に転職を考えるのであれば、履歴書や職務経歴書は、その特定の分野にマッチしたものに書き換える必要があります。そのため、総合型だけで履歴書や職務経歴書を添削してもらうと不十分、ミスマッチという結果になる可能性があります。

また、中小規模の特化型にもなりますと、利用者数も総合型の転職エージェントと比較をしても少なくなりますから、それだけ手厚いサポートを期待することができます。

履歴書や職務経歴書の添削指導を依頼するなら、総合型or特化型?

基本的には総合型でも問題はないでしょう。

しかし、下記の分野や条件で転職活動をするのであれば、特化型で一度、履歴書や職務経歴書の添削指導を受けておいて損はありません。

  • IT・WEB
  • マスコミ
  • 外資系
  • コンサルタント
  • アパレル
  • 第二新卒
  • 管理職

これらの分野は、やはり独特の世界観を持っている業界になりますので、普通に添削をしてもらった履歴書や職務経歴書では、書類選考の突破は難しくなります。また、例えばIT分野では専門の知識が必要になるケースが多々ありますので、総合型の転職エージェントでは当たり障りのない添削指導になる可能性もいなめません。

また、書類選考に通ったとしても、外資系などは面接が日系企業とは異なります、独特なものとなりますので、書類選考後のことを考えた場合、上記の業界を希望するのであれば、中小の口コミ評価のいい転職エージェントを利用するようにしましょう。

まとめ

転職エージェントで添削指導をしてもらう場合、専門知識が必要な業界ほど、中小の特化型の転職エージェントの利用が有利になるでしょう。総合型に関しては、扱っている求人数は多くても知識に関しては広く浅くになってしまうので、履歴書や職務経歴書の添削指導も広く浅くなってしまう傾向があります。

また、特化型を利用すると、その後に行われる面接も有利に進めることができるので、特定の分野しか考えていないのであらば、大手の総合型よりも中小の特化型がいいでしょう。

Pocket