Pocket

q128_128転職支援サービスの1つに転職エージェントがあります。この転職エージェントですが、初めて転職をするひとは、転職エージェントを利用した方がいいかもしれないのでしょうか? それとも、しない方がいいのでしょうか。今回は、初めて転職をする人は転職エージェントを利用した方がいいのか、紹介をしていきます。有利な条件で転職を成功させましょう。

転職エージェントを使う上での注意点

まず、転職エージェントに関してですが、ネットでも様々な転職エージェントのメリットやデメリットを紹介していますが、結局のところ口コミによって転職エージェントの優劣というのはわかりません。

多くの評判がありますし、評価が良い転職エージェントを利用した方が、それだけ満足できる転職活動をすることができる確率が高くはなりますが、極端に悪い口コミがあるところ以外は、すべての転職エージェントに登録することをおすすめします。高評価であるものの、1社の転職エージェントしか登録しない場合、情報収集という転職活動では重要な部分を放棄することになります。

また、どんなに高評価の転職エージェントであっても担当者との相性が最悪では、気軽に利用するのが難しいのです。そのため、転職エージェントに関しては複数の転職エージェントに登録をすることをおすすめします。もちろん、すべての転職エージェントを上手に利用するのではなく、使えない転職エージェントはどんどんはじいていき、残った使える転職エージェントを利用していけば、転職を優位に進めることができるでしょう。

そして、もう1点ですが、転職エージェントは慈善活動で転職支援活動を行っているわけではありません。

転職希望者が企業に転職成功となると、転職先の企業から成功報酬が支払われます。そのため、少しでも早く転職希望者には転職してもらいたいわけです。そのため、内定に近くなったら、転職希望者の希望などはどうでもよくて早く内定に応じて入社してもらいたい、と考えるのです。そのため、内定に早く応じるように急かしてきます。

転職エージェントは、転職活動中は利害関係が一致しているので利用することができますが、内定後になると正直、邪魔な存在になります。内定をもらったとして、少しでも不満や危機感がある場合、転職エージェントの言うがままに焦って内定をする必要はありません。

相手も転職希望者を利用している点を忘れてはいけません。

初めての転職は、転職エージェントを利用した方がいい?

初めて転職を考える人に関しては、転職エージェントを利用した方が、これからのキャリアアップに有利になるでしょう。また、転職をしないという選択肢を選ぶこともできますので、良いでしょう。

転職エージェントを利用するメリットの1つに、客観的な評価を得ることができるというものがあります。これは、転職エージェントの担当者と面談をすることで客観的に自分を見直す機会を得ることが出来ます。

初めて転職を考えるパターンとして、なんとなく転職を考えるケースがあります。そのような場合、1人で転職活動をしても志望動機などが特にありませんし、実際に企業を辞める算段など立てていませんので、ぼんやりとした感じで転職活動をすることになります。この場合、転職エージェントを利用すると面談にて、果たして本当に転職をするべきなのか、などを見直す機会になります。

また逆に、しっかりとした転職動機を持っている場合、転職市場でその人はどのくらいの価値がある人間なのか、転職エージェントを利用することで知ることができますので、現段階からどのくらいキャリアアップできるのかもしることができるでしょう。

1人では難しい円満退職などの手伝いをしてくれますので、初めて転職を考える方は、転職エージェントを利用して転職活動をした方が、わからないところ、やっておいた方がいいことなどのアドバイスを得ることができるので便利です。

ただし、前述したような転職エージェントを使い潰すくらいの度胸がなければ、適当なブラック企業を紹介されてしまうこともありますので、注意をしましょう。

まとめ

転職を初めて考える人の場合、転職エージェントを利用した方がいいでしょう。なんとなくぼんやりとした気持ちで転職活動をする場合、転職エージェントとの面談にて本当は転職をしない方がいいのでは、と考え治す機会にも繋がります。

また、現職の企業をどのように辞めるかなどの算段もつけづらいと思いますので、知識のある転職エージェントを利用すると便利です。

ただ、あくまでも利害の一致で仲良くしているのであり、自分に不利な条件を出す転職エージェントの言いなりになる必要はありません。

Pocket