転職エージェント/転職サイト評判比較ランキングでは、転職エージェントや転職サイトの選び方、口コミや評判、人気ランキングから転職で失敗しないための活用法を紹介。転職を成功するために転職エージェントと転職サイトを使い倒す方法を紹介します。
Pocket

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職に必要な手続きをすべて代行する転職支援のプロフェッショナルです。マンツーマンでキャリアカウンセリングなどを行ってくれます。また、キャリアカウンセリングは、転職希望者の強みや特性・スキル・能力などを分析して引出てくれます。

また、豊富な企業情報の中から転職希望者に最適な求職情報を無料で紹介するサービスです。転職について考えるのであれば、転職エージェントの存在はメリットであるといえます。ただ、使い方を間違うと足を引っ張る存在になりかねませんので、転職エージェント選びというのは重要です。

転職エージェントの特長は?

キャリアの相談

転職エージェントは、必ず面談をおこないます。その際に、このキャリア相談はおこなわれます。キャリア相談をすることで、本当に転職をするべきなのか、それとも今の企業でキャリアを積むべきなのかを改めて考える機会になります。

求人紹介

転職エージェントは、転職エージェントが独自に持っている求人情報が異なります。ある特定の分野に強みを持っている転職エージェントもいれば総合的に求人情報を持っている転職エージェントもあります。

たとえば、外資系企業を強みとしている転職エージェントで、日系の企業を求人情報を探しても、より条件の良い求人情報をゲットすることは難しくなるでしょう。

履歴書や職務経歴書の添削

履歴書や職務経歴書は、書類審査の際に採用担当官が目を通します。履歴書については、書類として保存をして、職務経歴書の方に重点を置いて、目を通します。ただ、職務経歴書を上から下までしっかりと読む採用担当官の方が少なく、数秒で欲している人材か判断されます。

また、職務経歴書については、後の面接時にも使用されますので、しっかりと添削をしておいてもらうことで、面接を有利に進めることが可能となります。

面接の対策・指導

新卒の場合と転職の場合では、面接で尋ねられることは異なります。新卒ならば学校でやってきたことですが、転職の場合は企業でどのようなキャリアを積んできたのか、そしてそのキャリアを転職先の企業で活かすことができるのかという点が重要です。

また、日系企業と外国資本の外資系企業では面接で尋ねられることが異なります。そのため、外資系企業への転職を考える場合、外資系企業用の面接対策をしなければ面接の突破率は大きく異なります。そのような外資系企業の面接対策を得意としている転職エージェントも存在しますので、自身がどのような業界や職種へ転職したいのかを考えて転職エージェント選びをする必要があります。

面接日時の調整・セッティング

現在進行形で企業に勤めている方は、中々、休みを自由にとることはできません。それが転職活動のための休みではなおさら取りづらくなります。このようなときに、転職エージェントに仲介を依頼していると、転職エージェントが面接日時の調整・セッティングなどをすべて代行してくれます。

そのため、比較的、転職希望者の要求どおりの日時に面接などをすることができます。1人で転職活動をする人と比べると、転職エージェントが仲介する利点といます。

給与などの条件の交渉

転職希望者は、面接の際に中々、給与などの条件を企業側へ伝えるのは難しくなります。条件を伝えて企業の心証を悪くしたくないと考えるので、企業に自身の条件を伝えることを戸惑ってしまいます。

そこで、転職エージェントが役に立ち、転職希望者に代わり企業と条件交渉をおこないます。

2種類の転職エージェント

転職エージェントは大きく分けると2種類に分けることができます。

  • 総合転職エージェント
  • 特化型転職エージェント

総合転職エージェント

総合転職エージェントは、業界などに関係なく多くの求人情報を持っている転職エージェントです。大量に求人案件を持っているメリットがあります。

デメリットとしては、多くの業界の情報を持っているので転職エージェントのコンサルタントが各業界の知識が広く浅くしかないことです。

特化型転職エージェント

  • 外資系企業
  • アパレル系
  • エグゼクティブ系

このような、ある業界に特化した専門的な案件を所有している転職エージェントです。アパレル関係の転職エージェントの場合、店舗の見学などの対応や調整をするなど、総合転職エージェントでは対応が難しい要望にも応えてくれます。

転生エージェントの利用方法

転職エージェントには複数の利用方法があります。また、転職エージェントの登録については、複数社の転職エージェントに登録するのをおすすめします。メインの転職エージェントとサブの転職エージェントを作ります。

メインの転職エージェントでは主に求人情報を見つけるために利用します。サブの転職エージェントでは、職務経歴書や履歴書の添削、面接指導などの時間がかかるものをおこなうために利用するのがいいでしょう。

その理由として転職エージェントは、転職希望者が転職に成功することで転職希望者の年収の数%分の成功報酬を企業からもらい運営をしています。そのため、転職できる可能性が低い転職希望者に対しては、そこまで積極的に転職サポートをおこないません。

そこで、中小の転職エージェントで職務経歴書や履歴書の添削、面接指導を徹底的におこない、メインの大手転職エージェントで求人情報を紹介してもらうという流れが、転職の戦略上優位になるといえます。

転職エージェントのメリット

転職するために利用できるのは、転職エージェントのみではありません。転職サイトなどもあります。転職サイトなどと比べて、転職エージェントのメリットは下記の通りです。

  • サポート体制がしっかりしている
  • キャリアプランを練りやすい
  • 自己分析などが容易になる
  • おすすめの転職先を紹介してくれる
  • 企業との調整役になってくれる
  • 独特の業界の場合、転職サイトよりも有利

転職エージェントのデメリット

一方で転職エージェントにはデメリットもあります。

  • 転職成功まで時間がかかる
  • 面談などの手間がかかる
  • 変なエージェントの場合、ブラック企業を紹介する
  • 内定後は、邪魔な存在になる

転職成功まで時間がかかる

転職エージェントの場合、転職サイトのように気軽に転職先を探すことは難しいといます。転職エージェントの場合は、必ず面談があります。面談は転職エージェントの事務所であったり、喫茶店であったりしますが面談などの時間を考えると転職エージェントは転職サイトよりも転職成功までに時間がかかってしまいます。

変なエージェントの場合、ブラック企業を紹介する

後述する転職エージェントの場合なら安心ですが、悪質な転職エージェントの場合はブラック企業を普通に紹介します。ブラック企業の場合、長時間労働や給与の未払いなどが起き、転職に成功したとしても待っているのは地獄のような日々です。

転職エージェントは、ブラック企業を素晴らしい企業であるかのように紹介してくるケースもありますので注意をしましょう。紹介された企業は一度自分で企業の口コミなどを調べて判断をしなければ、変な企業へ転職させられてしまうこともあります。

内定後は、邪魔な存在になる

企業から内定をもらっても、すぐには転職することができない。また、別に希望している企業がある場合、転職エージェントは邪魔な存在になります。

転職エージェントは転職希望者が入社しなければ報酬が発生しません。そのため、一刻も早く企業に入社するように勧めます。

内定をとるまでは利害が一致しているので転職エージェントは信用することができますが、内定をとったあとの利害は異なります。悔いのない転職をしようと努力の邪魔をしてくる可能性があります。

転職エージェントのおすすめランキング

:人気ランキング1位

リクルートエージェント

recruit-web.png

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが提供する転職支援サービスです。

リクルートエージェントは、正社員転職支援マーケットを生み出した転職支援サービスの老舗となっていますので、実績はナンバーワンです。創業から現在に至るまで、複数回サービスブランド名の変更が行われていますが、常に業界トップの転職支援サービスを提供し、転職エージェント業界の中ではスタンダードの存在となっています。

また、転職エージェントの業界内では人材輩出企業としても知られており、現在大手と呼ばれる転職エージェントのほぼすべては、リクルートエージェント出身者たちによって転職支援サービスの立ち上げが行われています。

リクルートエージェントは、扱う求人情報の量、転職者の支援実績でもナンバーワンです。

:人気ランキング2位

パソナキャリア

pasonacareer_web.pag

パソナキャリアは、株式会社パソナが提供する転職支援サービスです。

1,600件以上の上場企業との取引をしており、60%以上の方が、年収アップを実現しています。現在までに50,000人以上の方の転職をサポートした、転職支援サービスの老舗といえます。

中堅、ミドルクラス人材の支援実績が豊富という強みもあります。また、パソナにしか求人を出していない独占求人が多いという噂もあります。転職ビジネスだけを行なっている企業の場合、かなりの実績などを出さなければ独占求人にはしてもらえません。これはパソナの強みの営業力といっていいでしょう。

社風に関しても利益よりも社会貢献を掲げていますので、農業ビジネス、介護ビジネスなど、日本の課題や問題となっているビジネスにも積極的に取り組んでいます。

:人気ランキング3位

DODA(デューダ)の概要

doda_web

DODAは株式会社インテリジェンスが提供する転職支援サービスです。

実績としては、年間1万人以上の転職をサポートしています。国内ではリクナビに次ぐほどの知名度があり、転職業NO.2に位置する転職サイトとも呼ばれています。本気で転職を考えるユーザーが多い点が特徴のひとつです。

業界トップクラスの求人件数、独自の転職支援実績のデータベースを活用するという強みを持っています。これは通常、転職サイトと転職エージェントのデータベースが互いに異なるものを使用していることが多いのですが、DODAは転職サイトと転職エージェントの機能が同期していますので、豊富な求人の中から、的確な求人紹介を受けることができます。

また、約90%が非公開求人なので登録をしてみないと、DODAの利点を得ることは難しいかもしれません。

業界に精通したコンサルタントが書類作成から退職手続きまで徹底的にサポートします。さらに、転職先の雰囲気や、本当の勤務時間など一般的には公開されていない裏情報も教えているそうです。

親身になって対応してくれることや一生懸命サポートしてくれることが評判で、最適に求人を紹介するので転職してからも満足度が高いといえます。

:人気ランキング4位

マイナビエージェントの概要

mynavi-agent_web.peg

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職支援サイトです。

もともとは、株式会社毎日コミュニケーションズという企業で、1973年に創業し、現在の社名には2011年に変更されています。つまり、転職サイトで40年の歴史を持っている老舗になります。

歴史がある分、求人企業からの知名度が高く、特にITエンジニアの67%以上が年収アップ、利用満足度96.4%という実績を誇っています。

就活生の多くがマイナビに登録して、学生には非常に知名度を誇っていますが、転職ビジネスに関しては、まだまだ最大手には及ばないというのが現状です。しかし、それはマイナビエージェントを利用する方にとってはメリットであるといえます。

他の転職エージェントと比較をしますと、登録者が少ないのが現状で、登録者が少ないので、登録者1人1人の転職希望者にかける時間は多く確保することが出来ていますので、その分、利用者の満足度が非常に高いといえます。

また、マイナビにし求人を出してしない独占求人が非常に多いというのが魅力的であるといえます。

転職エージェント選びの注意点

転職エージェント選びの注意点ですが、大手転職エージェントの場合は利用者が多いので手厚いサポートはありません。一方、中小転職エージェントは手厚いサポートはありますが、良い転職案件が無い場合もあります。

また、転職エージェントは企業から転職成功の際に成功報酬をもらい経営をしますので、内定をもらって以降は転職を急かしてきます。自分のペースで転職をしたいのであれば、転職エージェントよりも転職サイトの方が便利です。

さらに、基本的に転職エージェントも商売で行っているので、ブラック企業も勧めてくることもありますので、完全に転職エージェントに依存した転職活動は失敗の原因になります。

転職サイトについて

転職エージェントとは異なり、自力のペースで転職することができるのが転職サイトです。

転職エージェントとは異なり、すべて自分で段取りをする必要があります。その分、手間暇がかかりますが、自分のペースで転職活動をすることができるメリットはあります。

転職エージェントの場合、転職市場での価値が低い場合は全然求人情報を紹介してくれません。たとえば、3回程度転職経験済みの場合、転職エージェントが登録自体を断るケースもあります。以前、転職エージェントを利用して転職をしたものの、短期間で再度転職を考えた場合も転職エージェントとの関係は良好なものにはならず、求人情報を提供しないケースもあります。

そのような方々は、転職サイトを利用した方がいいでしょう。

転職サイトは、「リクナビNEXT」のような幅広く総合的な活動をしている総合転職サイトもありますが、「女の転職@type」のように女性の転職に特化したサイトも存在します。また、年代によって特化している転職サイトもあり、「ミドルの転職」というエン・ジャパンが提供しているサイトは30代、40代に特化している転職サイトです。

さらに、管理職や経営幹部、高年収、ハイクラスの転職に有利な転職サイトも存在します。

転職エージェントと転職サイトの併用

転職エージェントの場合、転職するまでの期間が短い転職希望者程、積極的に案件を紹介する傾向があります。これは転職エージェントが転職成功後に企業から報酬をもらうということで、長期転職計画を立て転職活動をする転職希望者は、あまり価値がないものとして放置されます。

そこで、職務経歴書・履歴書の添削、面接の指導などは転職エージェントで受けて、転職希望先を探すのは転職サイトという利用法もあります。転職サイトは案件を掲載することで金銭を得るところが多いので、転職サイトから転職を急かされるということはありません。マイペースに転職活動をすることが可能です。

非公開求人

転職サイトの魅力の1つとして、登録をしなければ見ることのできない非公開求人というものがあります。非公開求人は様々な理由で登録をしなければ見ることができません。その理由の1つが応募者数を減らすためというものがあります。

一般公開されている求人には多くの人が集まりますが、非公開求人であれば、ライバルより楽に転職活動を進めることができます。

スカウトメール

スカウトメールというのも転職サイトの特徴です。これは、登録した条件にあう人物へ送られるスカウトメールです。しっかりと情報を書いていれば適切なメールが来ますが、適当に情報を書き込んでいると多くの迷惑メールがくる可能性があるので注意をしましょう。

転職サイトの人気ランキング

:人気ランキング1位

リクナビNEXTの概要

rikunabi_next_web

リクナビNEXTは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職サイト・求人情報サイトです。

実績として、転職者の8割が利用しているという実績からわかるように転職サイトの王道であり、転職をしようかなと考えた場合の最初期に登録するであろう国内ナンバーワンの転職サイトです。

求人の質や案件数は高く、スカウト機能なども充実しています。このスカウト機能ですが、自身の職務経歴書を登録しておくことで、興味を持った企業からメールが来ます。興味のない企業からのメールであれば無視をしても問題なく、思いもしない縁によって転職が進むというケースもあります。

また、転職仲間機能というものがあり、気になる転職活動者を仲間に指定することで、仲間の転職活動の進捗を知ることができ、また求人情報の共有をすることも可能です。

求人案件の更新は毎週水曜日であり、水曜日に気になる求人が上がった場合すぐに応募した方がいいでしょう。8割の人間が利用しているのですから、スピードが重要になります。

さらに、転職ゴールを設定することができ、どのくらいのペースで転職活動に力を入れればいいのか、また転職活動のモチベーションの維持にも効果的です。

:人気ランキング2位

@type(アットタイプ)の概要

type_web

@type(アットタイプ)は、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職サイトです。

月間100万人が利用する@type(アットタイプ)は、大手の転職サイトの1つであり、1993年に設立され、@type(アットタイプ)の前身である求人情報雑誌「type」の創刊を1994年から開始している老舗中の老舗です。

また、@type(アットタイプ)のみならず、女性用の転職サイト「女の転職@type」や「@type営業の転職」といったサイトも運営しています。さらに転職エージェントでの人材紹介事業というのも行っており多角的に転職支援事業を行っています。

長い期間転職に携わってきていますので、実績と転職関係の経験を持ち、利用者の転職をサポートします。

@type(アットタイプ)の特徴の1つとして、9つの検索軸から転職先を検索することができるというものがあります。希望条件に合った職場を探すのに秀でた検索能力であるといえます。

さらに、転職に役立つコンテンツを多数用意していますので、転職活動において役に立つような内容、例えば、志望動機・志望理由の書き方例文集、自己PR100選など充実した内容のものが用意されており、これらを利用することで自信をもって転職活動を進めることができるでしょう。

:人気ランキング3位

DODA(デューダ)/転職サイトの概要

doda_t_web

DODA(デューダ)/転職サイトは、株式会社インテリジェンスが運営をする転職サイトです。

株式会社インテリジェンスは、DODA(デューダ)/転職サイト以外にも複数のサイトを運営しており、転職エージェントも手掛けています。そのため、DODA(デューダ)/転職サイトに登録をするとセットで転職エージェントを利用する形になります。

日本の転職サイトでは上位の知名度をほこっています。リクルート出身者の作り上げたサービスである関係上、リクルートに似たサービスを提供しており、規模を活かしたサービスというのが特徴としてあります。

非公開求人数が多く、転職を考える方にとっては登録することで多くの選択肢を提案することが可能です。また、転職サイトと合わせて転職エージェントも利用するので、業界に応じて専門や得意とする担当者おり、様々なニーズに対応することが可能です。

求人を出している企業は大企業から中小企業まで様々であり、優良な企業も多く紹介をしています。特に管理部門やコンサルタント関係の求人数が多いようです。逆に営業職のような職種は少ないようです。

:人気ランキング4位

はたらいくの概要

hatalike_web

はたらいくは、株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

株式会社リクルートは、リクナビNEXTが有名ですが、リクナビNEXTと同じ会社が運営しています。リクナビNEXTが全国の転職サイトなら、はたらいくは地域密着を重視した転職サイトです。

バリバリ働くというよりは、地域でのんびり働きたいという方が利用する場合、はたらいくの方が強みを持っているといえます。地域密着系の求人掲載数は少ない傾向にありますが、 はたらいくは約3,000~4,000件とかなり多く求人数を誇っているといえます。

都道府県から市区町村単位まで、かなり詳細に求人を探すことが出来るのは他にはなかなか見られない特徴です。また、自分のスタンスにあわせて求人を探すことができ、例えば、「自分のペースでできる仕事」「お客様の笑顔が見られる仕事」などのように検索をすることも可能です。

さらに、自分が気に入った企業に「らいく!」というものを送ることで、掲載企業から直接メッセージが届くという機能を持ち合わせています。

地域で働きたいという方にとって、はたらいくは実に向いているのです。

求人情報の更新日は、毎週月曜日と木曜日です。

転職サイト・転職エージェント利用の際の注意点

転職サイト、転職エージェントともにいえることですが、転職で結果を出すためには自分の努力をする必要があります。すべてを転職エージェントに任せたままにしていれば、適当な転職先を見繕われてしまいます。また、転職サイトも更新されるタイミングをみはから応募をしませんといい求人を逃してしまいます。

転職は自分が主導して行動を起こし、転職サイトや転職エージェントはとことん利用していくのがベストな選択です。転職エージェントに主導権を持たれては満足した転職活動はできません。

キャリアアップのために、収入アップのために、利用できるものはとことん利用していくことをおすすめします。

Pocket

転職エージェント/転職サイト

1枚5秒で理解される職務要約の書き方ポイント

職務経歴書は、基本的に職務要約に重点をおいて書かなければ、採用担当官は職務経歴書を最後まで読まずに書類審査突破 …

職務要約で書いておきたい3つのこと

職務経歴書は読まれないと意味がありませんが、大抵の場合、読まれません。そのため重要になるのは、職務要約です。こ …

職務要約の3つの必要性とは?

職務経歴書を書く際に頭を悩ませる必要があるのが、職務要約です。職務経歴書を書く上で初めに書く場所であり、ここで …

職務経歴書の職務要約とは?

職務経歴書については、その書き方というのは悩みの種であると思います。書類選考に使用するものですから、深く考えず …

企業の規模とMustの関係

自己分析に関しては転職をする上で非常に重要なものです。書類選考から面接にいたるまで、自己分析の結果というのは重 …

PAGETOP